平和の食卓


彩の一皿。 彼女の料理だと一目でわかる、一皿。

出会いはこれまたゆっくり小学校のイベントからなのですが、 ひょんなんことから今年に入って、いろいろお手伝いさせて頂いている

大好きな料理人さんがいます。 国境なき料理団主催の、本道佳子さん。 この日は彼女の料理教室のアシスタントDAYでした。 彼女と料理をすると、仕事をすると、すっごく元気になるんです。

立ちっぱなしの仕事なのに、疲れるどころか元気になるのは何故なんだろう…。

と、1日ご一緒している間考えていたのですが。

その理由① 自由な料理。 その日その時の素材と、その場所と彼女自身の気分を最優先に、 インスピレーションのままに創り出すライブ感。 レシピありきじゃない料理には、とてつもない力強さがある。

予定調和のことをやらないので、〜ねばならないが少なくて、

生徒さんもアシスタントたちものびのび動ける。

その理由②

とにかく誰よりも楽しそうに料理をしてる。 素材を無造作に扱うことは決してないから、食材もまた嬉しそう。

デモしている彼女が楽しそうだと、生徒さんも巻き込まれて楽しそう。

いい気持ちで作るから、出来上がったものも美味しい。


その理由③

決して揺るがない。でも周りの意見を丁寧に聞いてくれる。

①と②に関しては毎回感じていたけれど、③の理由に気づいたのは、 久しぶりにゆっくり話すことができたこの日の朝のことでした。


料理教室の流れを打ち合わせしながら、朝ごはんを食べていた時に、

調理場を仕切ることについて、話していました。 その時彼女が言った言葉。


「ボスはとにかく、できるとうまくいくと信じて疑わないこと。

 ボスがぶれたり不安になったら、みんながそれを感じて迷ってしまう。

 私ができると言ったらできる、だからみんな自由にやってね。

 そうしていたら、必ずうまくいくの。」


もちろん彼女だって迷うことも不安になることもあるけれど、 家から一歩出たら、調理場に立ったら、指示をする側になったら、

一切そんなところは見せない。

でも鷹揚に場を取り仕切ることなんてなくて、 いつでも「どう思う?」って、周りの人の意見を聞いてくれるんです。

それは不安からの問いではなくて、

「あなたはどんなふうに考えているのか知りたい」

そんな風に、相手に敬意もって意見を伺いたいという、問い。


いつでも感じたことを伝えられる、という風通しのいい場所を創ってくれる人。

窮屈じゃないから、のびのびとできて、楽しい楽しい! だからこそ、一緒に過ごした時間が元気の源になるんだろうなぁ。

料理人としてではなく、一人の人生の先輩としても、大好きな人です。


来月、彼女のプロジェクトに参加します。

それが「平和の食卓〜ロングテーブル〜」。

食卓を長く長く繋いで、より多くの人と同じテーブルで同じ料理を食べる会。

誰もが食べられる食事として彼女が選んだのは「ヴィーガン」です。

どんな宗教の人も、どんな食事制限がある人でも、出来るだけ多くの人が

食べることができるであろう「菜食」。 同じ食卓で同じものを食べるということは、平和の一歩。

その考えに心から賛同しています。

サティシュに出会った頃から、ずっと私もそう考えてきたから。


多くの人の笑顔をみたいから、美味しい料理を作りたい。 佳子さんをはじめ、私以外は皆プロのシェフで、内心ビクビクだけれど、

彼女が声をかけてくれたことを勇気の源にして、やれること全部やってきます。


そして私自身も、平和の食卓を広げていきます。

平和の食卓をつくる人を増やしたい。小さなお家の台所から。

ひびのわの活動の軸です。


どうぞよろしくお願いします。









0件のコメント

最新記事

すべて表示