ひびのあわ
掬っては零れ落ちる、なにげない日々の余韻